水漏れ修理の方法をご紹介

トイレの水トラブルは予防可能

トイレでの水トラブルとして多いのが詰まりです。頻繁に起こるトラブルを解消するために、ラバーカップを使う人も多いことでしょう。ただ、このトイレ詰まりは流すモノを見直せばある程度予防可能です。トイレ詰まりの予防で大切なのが、流していいモノを把握することです。

トイレで流してよいモノは、人の汚物と水で繊維が細かくちぎれるトイレットペーパーだけです。ただ、水に濡れることで繊維が細かくなるといっても、一度に大量に流すのもつまる原因です。一般的にトイレ用の紙は、濡れることで繊維が細かくなって溶けているように見えます。しかし、繊維が細かく分離するためには一定の時間が必要なことから、大量に流すと、繊維が分離する時間が足りないためにつまる原因となります。

基本的には、人の汚物と適切な量の紙を流していれば頻繁につまることはないでしょう。ただ、人によっては食べ残しやティッシュ、紙おむつ、猫の糞を流す人もいます。このようなモノを流すと詰まることがあります。食べ残しは、油分が多いモノがあるので流すのは避けましょう。

ティッシュや紙おむつは水に濡れても繊維が分解されないので詰まります。人の便を流せるなら、猫の糞も流しても問題ないと思いがちですが、猫の糞は毛が多くて詰まりを引き起こします。頻繁に詰まりが発生するときは、流しているモノを見直してみましょう。トイレに流すモノを見直すだけで、詰まりのトラブルが起きる頻度を減らすことにつながります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *