水漏れ修理の方法をご紹介

浴槽つまりを京都で解消する

京都で浴槽つまりが起こった場合、原因に合わせて対処していくことが重要です。

浴槽つまりはさまざまな原因で発生するトラブルです。原因を知っておくことにより、効率よく対処することができるでしょう。京都の浴槽つまりはまず、シャンプーボトルのキャップや入浴剤の袋など固形物が原因となることがあります。このような固形物を落としてしまった場合、早めに回収することが大切です。最初は問題なく水が流れるかもしれませんが、後になってから深刻なつまりを引き起こすことも考えられます。お風呂で使う石鹸カスやシャンプーなども京都の浴槽つまりの原因となります。

これらの汚れが排水口につまることにより、そこに髪の毛が絡みついて状態が悪くなるということです。石鹸カスが原因の場合、酸性のパイプ洗浄剤を使えば解消することができます。また、酢を流すことでアルカリ性の汚れを分解できることもあります。その場合は重曹も一緒に使うことでニオイ対策になるでしょう。体から出る皮脂が京都の浴槽つまりの原因になることもあります。

1回の入浴では気にならないかもしれませんが、長く放置しておくと少しずつ蓄積してしまいます。毎日何度も家族が入浴することでつまりが発生しやすくなるため、石鹸カスと同じように重曹で対処していきましょう。排水口に重曹を1カップ程度入れて同じくらいの量の酢を上から流し込みます。重曹と酢が反応して泡が発生するため、5~10分程度放置したら流しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *