水漏れ修理の方法をご紹介

蛇口水漏れ修理で快適な水回りにするための注意点

蛇口の水漏れで修理を頼むときは、本体の劣化状態を見ることも大切です。

中に使われている部品の一つであるゴムパッキンの劣化が原因でトラブルが起きるケースも多いですが、本体自体がダメになっていることから起きるケースもあります。ゴムパッキンを交換しても調子が戻らないとか、頻繁に蛇口の水漏れ修理を依頼していると感じたときには、思い切って本体の交換も検討しましょう。本体から吐水口につながる部分のスパウトは、長さがいろいろあります。

キッチンや洗面台のサイズに合わせて選ばないと、長すぎたり短すぎたりして使いにくいということになりかねません。また、レバーやハンドルの形も、十分に吟味して選ぶと使いやすくなります。手が汚れた状態でよく使うキッチンなどで回すハンドルの形だと汚れが付きやすいので、レバーのほうが衛生的です。小さい子が触る可能性がある場合には、上げ下げするだけで出るレバーだといたずらされて、水が出しっぱなしになる懸念があります。

水回りでトラブルがあったとき、蛇口の水漏れ修理をしてくれる会社を手配する前に、現状を把握して部品と本体どちらの交換がベストであるかを確認するようにしましょう。そして本体を交換する場合には、今よりも使いやすいものを選ぶことが大切です。節水タイプはエコにつながりますが、これまでと水量が違うと結局多めに水を出して無駄に水を流すようになることがあるため、節水タイプに切り替えたときに注意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *